2021/10/20 新車

ハイエース対策の豪華仕様も! 日産キャラバンがマイナーチェンジを実施…7速ATを採用

Vモーショングリルのデザインが変わった!

■車名が「キャラバン」単独名に戻った!



2012年6月に登場した現行型キャラバン。商用が中心のモデルはモデルライフが長くなる傾向にあるため、まだまだ現役だ。2021年10月20日にはビッグマイナーチェンジを実施。ガソリンエンジン搭載車が改良され、追って新投入のディーゼルエンジンが加わるようだ。

価格は、バンが241万2300〜321万2000円。ワゴンが278万4100〜409万7500円。マイクロバスが344万4100〜375万4300円。


●グランドプレミアムGX

現行のE26型の特徴は、ライバルであるハイエースを超える、小型貨物車4ナンバーバンクラスナンバー1となる3050mmの最大荷室長を確保していること。現在でもキャラバンが最長で、広く使い勝手のいい荷室空間は多くのユーザーに支持されている。

変更点は多岐にわたるが、まずは車名から。従来は「NV350キャラバン」と名乗ってきたが、サブネームのNV350がなくなり従来の「キャラバン」が正式名称として使われることになった(継続販売されるディーゼルエンジン搭載車は「NV350キャラバン」のまま)。

ヨーロッパの日産商用車系はルノーとのアライアンスを強化。彼の地では小型バンのタウンスター(Townstar)がすでに発表されている。事業構造改革「Nissan NEXT」に基づいて導入される最新のバンモデルとなったのだ。トヨタのタウンエースによく似た名前のタウンスターは、NV250とe-NV200の後継モデルとして欧州市場に投入。タウンスターに「NV250」が付かなかったように、現行のNV400とNV300の後継モデルの名称変更も発表されている。NV400はインタースター(Interstar)、NV300はプリマスター(Primastar)となり、今後導入予定だ。



そして外観。特にフロントグリルのデザインを変更したことがポイントだ。日産はVモーショングリルを水平展開しているが、新型キャラバンも新デザインのVモーショングリルとバンパーを採用している。もちろんグリルのセンターには、日産の新しいコポレートマークが輝き、新生日産を主張。Vモーションのクロームメッキグリルもイメージを変えた、グリルの横バーに合わせて左右にピッチを変えたブロックが断続するタイプでより迫力が増した。

バンパーはY字を横にして合わせたようなデザインで安定感を強調。全体的にミニバン的なデザインに変更されているが、デザインチームはもっと手を加えたかったようだ。最新のアリアやノートオーラはシグネチャーランプをVモーションとして取り入れているが、これをやるにはヘッドライトの変更が必要になるという。バン用のシグネチャーランプを取り入れたライトは、コストが見合わず今回は採用を見送ったようだ。

ドライバーWeb編集部